研究助成応募にあたっての注意事項

研究助成応募にあたって、応募資料・内容の不備が非常に多く発生しております。
応募の際は、応募内容・資料を充分ご確認のうえ応募をお願いします
なお、不備のあった応募は「受付不受理」として扱うことがありますのでご留意ください。

注意事項

  1. 応募にあたって各プログラムの募集要領、留意事項、FAQを充分確認してください。
  2. 当財団の電子申請には、一時保存機能はありませんのでご留意ください。
  3. 応募されたプログラムの変更はできません。
  4. 応募取り下げは該当プログラムの応募締切日までは受け付けます。
    締切日以後の応募取り下げは原則受付できません。なお、応募取下げ者は今年度の全プログラムに応募不可となります。また、推薦者もこれに従います。
  5. インターネット環境等については財団では関知しません。充分に余裕をもった時期に応募してください。
  6. 応募締切後の応募は事情の如何にかかわらず一切受け付けません。締切日はプログラムによって異なりますのでご注意ください。

よくある不備事例

  1. 応募資格のないプログラムへの応募
    (例:ライフサイエンス研究助成への医学系研究科所属の研究者の応募等)
  2. 応募資料様式の不備
    • 研究要旨、推薦書等は、必ず財団ウェブサイトに掲載している今年度の規定様式を使用してください。
    • 書式や枠は変更しないでください。また、ページ数は厳守してください。
  3. 申込入力画面、応募資料の記載内容不備
    • 名前、所属、E-mail、電話番号等の間違い
    • 研究題目が申込入力画面、研究要旨、推薦書で異なっている等
  4. 推薦書の記載内容不備
    • 応募者氏名、推薦者氏名が正しく記載されていない。
    • 推薦書に日付の記載、推薦者の捺印がない。
  5. 添付論文の不備
    • 各プログラムの規定を守っていない。
      (例:添付論文は1編に限るとの規定で、複数の論文を1つのPDFに統合している等)
      (例:投稿用原稿、論文リスト、臨床研究プロトコール等、添付論文として相応しくない物が添付されている)

登録手順が不正です。
ウィンドウを閉じて始めからやり直してください。
何度やってもこの画面が表示される場合は、お手数ですが事務局までご連絡をお願い致します。